アニメの記事 (1/1)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ONE PIECE FILM Z ワンピース フィルム ゼット 観てきました。

20130104001.jpg
ワンピース FILM Z を観てきましたよ。

いや~、冬休みなんでしょうね。

子供連れの方たち、友達連れの高校生達、カップルなどなど

もしかして、1人できてるの俺だけじゃないの?

「はいはいそうですよ、元旦の早朝に一人でブキヤの福袋販売に並んじゃうし、

MMORPGのダンジョンでPT組んでやってる人の横でPT入りたいな~って思っちゃう人だよ」

なんか、

虚しいので感想をダラダラ書いていきます。(ネタバレしないつもりで書きます)(書いてたらごめん)

今回は今までの劇場版の中でアクションシーンが一番良かったです。

すっごくヌルヌル動いて爽快でした。

そして、今回の敵 Z

元海軍大将であった彼が何故、ネオ海軍を組織し、

すべての海賊を滅ぼそうとしているのかは、映画を見て納得したのですが

どうしても腑に落ちない点があります。

それは最後のシーンあの心境の変化です。

あれほどの事件が起き、憎しみを持って事を成そうとしたのに

最後のバトルでああも変わってしまうのでしょうか?

これも、劇場に行った際、先着200万名様に配布される[巻 千 Z]を読めば納得できるのでしょうが


それを含めて劇中で表現して欲しかったです。
(ただバトルするだけでなくその間に回想なども入れて欲しかった)

恐ろしいほどのご都合主義というのでしょうか?

他にも色々と?と思ったシーンもありましたが、

そこは後々、本編が進んでいくとわかるんでしょうね。

最後に
正に題名通りの内容でした。
ワタクシ的にはもうちょっと掘り下げて欲しかった。(回想シーンとか)

ちなみにワンピースで一番好きなキャラはハンニャバルです。

20130104.jpg

(正に正論!)


スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。